Web
Analytics

花太郎BLOG

夫婦で始めた日々のblog日記。色々な事を発信していきます♪

花太郎BLOG4

 NEW! PICKUP
●Q.今年の父の日はいつ?父の日ギフトを見る
●当サイトアクセス数No1.記事をチェックする
●話題のオンラインフィットネス一覧を見る

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレ〇ラとの違いが何かを考えてみた

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレクラ売春との違いが何かを考えてみた
こんにちは、会社員しょこちゅんです🤗

今回は、いやぁなタイトルですね。なんだかブラックな話が出てきそうな雰囲気がしますが、いたって真面目に話して行こうと思います。

 

 

私が前から気になっていることをそのまま記事にしてみようと思います。

それでは早速いってみよー

 

 

 

そもそも港区女子とかパパ活とは

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレクラ売春との違いが何かを考えてみた

港区女子とかパパ活とは

はい、テレビや巷でよく聞く”港区女子”とか”パパ活”とかってたまに話題になりますよね。ネタとして面白いとは思いますが、要は、そういった女性を取り上げて、視聴者からの「ありえなーい。」「こんな女ないわー」というネガティブ方面での共感しやすいネタの一つとして取り上げられてる気がします。

 

それじゃあ実際に、「視聴者稼ぎのやらせなのか?」というとそうではありません。実際にあるんですね。まずはそもそも「港区女子」や「パパ活」を知らない方のためにご説明からしていきましょう。

 

 

港区女子

参考サイト:港区女子とは?港区女子の特徴10選!ファッションから職業、さらに痛い末路も… | MENJOY

港区女子とは、東京都港区を中心とした、お金持ちが巣食うエリアに夜な夜な集う女性たちのことをさします。東京都港区に集まりお金持ちが集まるような豪華なパーティやバー・高級レストランにブランド物などなど。華やかな生活を送っているように見えますね。


中には本物のキャリア女性もいると思います。キラキラした充実ライフを送っている方々ですね。最近人気の田中みなみアナウンサーも「私、港区女子ですけど」っていう雰囲気をプンプンかもしだしてるのを前々から感じてるのは私だけでしょうか。まぁ、彼女は人気はありますが個人的には興味はありません。

 

上記のようなアナウンサーやキャリア女性は別として、港区女子と呼ばれる部類は「高学歴」「高収入」「美人」の3拍子が揃ったイメージがあります。しかし本当のキャリア組は一握りで、よくよく聞いてると職業があやふやな女性や、実態がよくわからないエセ港区女子が数多く存在する気がします。

 

 

エセ港区女子

まぁ…羨ましい生活を送っているかと聞かれればどうなんでしょう。毎月お金に困ってない生活を送り、本人が望む生活を手に入れてるのであれば、それは周りがとやかく言う事でもない気はします。しかし、憧れるかどうかと聞かれれば、全く憧れません。

 

金持ちの男、ブランド物、インスタ映え。

こういったのに食いつく女性のイメージがあります。私の知り合いの方によると、港区男子からすると、港区女子には苦い思い出しかない殿方も多く、嫌悪感を示す男性もちらほら出ているようです。

 

にじみでているゲスさが垣間見えてるから魅力を感じないのかもしれません。もしくは…

 

今からお話するパパ活やテレ〇ラでの援〇〇際と同じくくりに見えてしまってるからかもしれません。なんていうか、、今が楽しければいいや女子?将来金持ちと結婚すればいいや女子?っていうんですかね、分類はわかりません。

 

 

 

パパ活とは

またも、パパ活を知らない方のために先にご説明します。

「パパ活」とは、経済的に余裕のある男性と食事を共にしたりすることで金銭的に経済的援助を得る活動の事をいいます。今では、パパ活アプリもあるようで、そういった活動をしている若い女性たちはアプリを通して出逢うことも多いようです。

 

パパ活と似てる分類では「ギャル飲み」というものも存在します。ギャル飲みとは、「●月●日飲み会、女性●名募集」などといった、飲み会で盛り上げてくれるたり一緒にお酒を飲んでくれる女性を募集する事をいいます。

 

そこに飲みにいった女性は、見返りとして金銭を頂くことができるのがギャル飲み。
一緒にお酒を飲むだけでアルバイトになるということで、これも同じようにアプリに登録して参加する女性もいるようですね。ギャルのみはパパ活と違い複数での参加が多いようです。

 

 

3大現代の闇

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレクラ売春との違いが何かを考えてみた

3大現代の闇

はい、ここで3大現代の闇が出ましたね。

 

「エセ港区女子」「パパ活」「ギャル飲み」

この3つは一昔前にはなかった新しい言葉となって今の時代を当たり前のように駆け巡っています。でも、果たしてどうなのでしょうか。

 

”エセ港区女子”や”ギャル飲み”はまだいいとして、特にパパ活に関しては一昔でいう「テレ〇ラ」と何が違うのでしょうか。「テレ〇ラ」というツールが「アプリ」に代わり、「援〇〇際」という代名詞が「パパ活」に代わっただけではないでしょうか。

 

言葉が変わっただけで、その実態はそんなもんだと私は思ってます。よって、テレビやマスコミも面白おかしく取り上げるべきではないのではないでしょうか。それこそ援〇〇際を推奨しているようなものだと感じずにいられません。

 

パパ活で食事だけで終わる方もいるかもしれませんが、そのうちエスカレートしていき、中年男性が求めるのは若い女性の体となることを今の若い子たちは認識しているのでしょうか。

 

面白おかしく報道することで、真の闇の部分や本質が見えなくなっているような気がしますし、若い女性を危険な目にさらすことになる可能性もある気がします。近年のマスコミの報道のおかしさと連動する部分があり不信感をぬぐいきれません。

 

どうせとりあげるなら、そういった企画はバラエティではなく、密着24時とかでインタビューした方がいいんじゃないでしょうか。

 

 

貧困女子

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレクラ売春との違いが何かを考えてみた

貧困女子

しかし、これらは「貧困女子」に紐づけられる事だとも思います。

今の時代の若い世代の方々は貧困も多くお金がありません。それはどの時代も一緒だとは思いますが、社会人になっても家賃代や光熱費などの支払いで遊びはおろか食事もきりつめた生活を送ってる人も多いのではないでしょうか。また、若い世代間での貧富の差やヒエラルキーが分かりやすくなっていますね。

 

全ての子供たちが親の援助を受けれるわけではなく、そういった一部の貧困女子が金銭を受け取って中年男性とやり取りをすることに繋がってるような気がします。

 

しかし、世のなかそういった若い子ばかりではなく、ごく一部の女性だとも思ってます。色眼鏡で見てはいけませんが、私達の時代よりも、「将来に希望を感じない、楽して生きていたい」と語る若者は近年増加傾向な気がします。

 

 

   

あとがき ーそもそもパパ達とはー

【港区女子とかパパ活とか】一昔前のテレクラ売春との違いが何かを考えてみた

パパ活とは

そもそもパパ達はそういった女性の事を一人のレディとして見てくれているのでしょうか。いいえ、違ます。年増の私だから言いますが、そういった地位・名誉・お金を手に入れてる男性にとって、そこにむらがる若い女性というのはただの「玩具」やそれ以下の存在でしょう。

 

中には次も来てもらうために優しく紳士的にふるまう方も多いと思います。しかし、その場限りの楽しさを求めるだけの男性ばかりであり、そういった男性から対価をもらうことで、ウィンウィンの関係を築いているつもりが、実はそうではなく、女性側にとっては価値を下げるだけの行為になるのではないでしょうか。

 

パパ活してる噂が広まっても平気ですか?

大学の友達にばれても平気ですか?

彼氏に言えますか?

家族に言えますか?

 

上記項目で一つでも「No」という回答があるなら、一度立ち止まって考えた方がいいかもしれません。しかし、人それぞれ状況は違うので、軽蔑はしません。ただ、一つ言えるのは…

 

そういったことをしている女性達は少なからず「ただ遊びお金がほしい」「ブランド物がほしい」「働きたくない」女性が多いイメージがありますのでのでフォローする気もありません。遊びたいだけとかブランドものが欲しいだけとかならやめた方がいいのに…とは思います。

 

目先の利益を求めるよりも、自分の将来の事を考えてスキルを身に着けた方がよっぽどためになります。日本に将来的希望を感じないなら、海外にいけばいい。英会話を身につけ、手に職をつけ飛び出せばいいだけの話しです。若い人々ならそれができます。

 

こういった”パパ活”や”ギャル飲み”など派手なお金使い・贅沢をしてる女性がピックアップされるたび、 今という貴重な時間を目先の利益や欲におぼれずにいてほしいと感じます。と、30代のしがないおばさんが言っても何様ですかって感じですが。

 

ということで、本日の記事はここまで。 

最後までご覧いただきありがとうございました。

次の更新は4/7(火)を予定してます!

またおあいしましょうー!

またね!

少しでも興味を持っていただいた方は、こちらの応援ボタンもポチッとお願いします。

↓↓ここだおぉ(´・ω・`)↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ

©2019.花太郎BLOG.All rights reserved