Web
Analytics

花太郎BLOG

夫婦で始めた日々のblog日記。色々な事を発信していきます♪

花太郎BLOG4

 NEW! PICKUP
●Q.今年の父の日はいつ?父の日ギフトを見る
●当サイトアクセス数No1.記事をチェックする
●話題のオンラインフィットネス一覧を見る

【春の歌・番外編 歌詞付】みんなが聞きたい曲を抜粋!PART2

【春の歌・番外編 歌詞付】みんなが聞きたい曲を抜粋!PART2

こんにちは、会社員しょこちゅんです🤗

みなさまがお住まいの地域の桜はまだ咲いていますか?私の自宅近くはそろそろ桜が散り若葉が顔をのぞかせてきております。

 

 
さて、本日は前回に引き続き春の歌の番外編をお届けしたいと思います。

前回アップした記事にいくつかコメントを頂いており、そこから数曲ピックアップしお届けしたいと思いますので楽しんでいってもらえれば幸いです。 

 

それでは早速いってみよー。

 

 

 

 注意事項 

※今回の記事に関しては歌詞などを引用しているためテキストのコピー等は禁止させて頂きます。サイト全体にコピーブロックをかけてます。「読者登録ボタン」や「スター」はつけれますので遠慮なくクリックして頂いて構いません。大喜び致します。

※歌詞の引用関する著作権法のルールに基づき記載しております。

上記内容、ご不憫おかけし大変申し訳ございませんが、ご了承下さい。

 ---------------------------
『著作権、参考サイト』
http://vimclip.jp/copyright-wordsofsong/

『コピーブロック、参考サイト』

https://fantastech.net/copy-guard
---------------------------

 

 

中島美嘉「桜色舞う頃」

 

この方は世代的にどんぴしゃでした。好きすぎてカラオケでも沢山歌いましたし、今でも好きです。デビュー当時はあのミステリアスな雰囲気で歌う切ない曲がジンと胸にしみ込んだものです。私は今でもカラオケで歌いますが、皆さんは彼女の曲の中で一番どの曲が好きですか?私はLIFEという曲が爽快感があって大好きです。今でもカラオケで歌っています。

 

>動画が再生されない方はコチラ<

 

↓歌詞を表示するには、右側の「+」ボタンを押してね。

 

作詞/川江美奈子
作曲/川江美奈子
唄/中島美嘉

 

桜色舞うころ
私はひとり
抑えきれぬ胸に
立ち尽くしてた

若葉色 萌ゆれば
想いあふれて
すべてを見失い
あなたへ流れた

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっとおしえながら

枯葉色 染めてく
あなたのとなり
移ろいゆく日々が
愛へと変わるの

どうか木々たちだけは
この想いを守って
もう一度だけふたりの上で
そっと葉を揺らして

やがて季節(とき)はふたりを
どこへ運んでゆくの
ただひとつだけ 確かな今を
そっと抱きしめていた

雪化粧 まとえば
想いはぐれて
足跡も消してく
音無きいたずら

どうか木々たちだけは
この想いを守って
「永遠」の中ふたりとどめて
ここに 生き続けて

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっと おしえながら

桜色 舞う頃
私はひとり
あなたへの想いを
かみしめたまま

 

 

中島美嘉

中島美嘉さんは1983年2月19日生まれの鹿児島県出身の女性シンガーソングライターです。所属レコードは大手のソニーミュージック。ソニーといえば、加藤ミリヤさんやその他にも沢山の有名アーティストが所属してますね。

意外な事に、中島美嘉さんは中卒だそうです。高校へは行かないかわりにアルバイトを中心に行っていたそうです。その後福岡県に移り住み、アパートの一室で集団生活をしながらモデルのアルバイトを行っているようです。その後、様々なオーディションにチャレンジしていく中で、モデルとは別の夢、」「歌手になる」事を夢見て、ソニーへ1本のデモテープを送ったことがきっかけとなったようです。その後は、歌手だけではなく女優活動もし、様々なミリオンセラーを記録するほどのアーティストに成長していきました。

私の記憶に新しいのは映画「NANA]で歌ってくれたグラマラススカイはもうー、何度も何度もカラオケで歌わせて頂きました。ノリやすく歌いやすくし歌ってて気持ちいいしの3拍子揃った曲に仕上がっていますね。

彼女の事が気になるかたは是非、オフィシャルサイトをチェックしてみて下さい。

出典:中島美嘉 - Wikipedia

 

※2020.4.5現在、オフィシャルサイトはメンテナンス中となっています。

https://www.mikanakashima.com/


 

 

 

福山雅治「桜坂」

 

昔からイケメンですよねぇ。数カ月前の大晦日の紅白歌合戦で、久々に福山雅治さんが歌っている姿を拝見しました。その姿を見て驚きました…だって「全然変わってないし、おとろえてない」んですもの。もういい年ですよね?

「続いては福山雅治さんです!」と紹介され、画面が切り替わるまでは、「おじさん臭くなってるんじゃないかー」と思ってましたが、いい意味で期待を裏切られました。

ただただひたすらイケメンでしたね。本当にすっごいです。

|д゚)チラッ 旦那(´・ω・`;)ぇ

 

 >動画が再生されない方はコチラ<

 

 ↓歌詞を表示するには、右側の「+」ボタンを押してね。

 

作詞/福山雅治
作曲/福山雅治
歌手/福山雅治

 

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
Woo Yeah 愛は今も 愛のままで

揺れる木漏れ日 薫る桜坂
悲しみに似た 薄紅色

君がいた 恋をしていた
君じゃなきゃダメなのに
ひとつになれず

愛としっていたのに
春はやってくるのに
Woo Yeah 夢は今も夢のままで

頬にくちづけ 染まる桜坂
抱きしめたい気持ちでいっぱいだった

この街でずっとふたりで
無邪気すぎた約束
涙に変わる

愛と知っていたのに
花はそっと咲くのに
Woo Yeah 君は今も君のままで

逢えないけど
季節は変わるけど
愛しき人

君だけがわかってくれた
憧れを追いかけて
僕は生きるよ

愛と知っていたのに
春はやってくるのに
WooYeah 夢は今も夢のままで

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
WooYeah 愛は今も
愛のままで

 

 

福山雅治

福山雅治さんは1969年2月6日言われの長崎県出身、男性アーティストです。所属レコード会社はユニバーサルミュージックとなっており、奥様は吹石一恵さんとい美しい女優さんです。事務所はアミューズです。アミューズのアーティストも豪華ですよね、一番有名な方で言えば、サザンオールスターズさんですね。

18歳で上京し、アルバイトをしながらオーディションを受けていたようです。19歳では俳優デビューを果たし、その約2年後には歌手デビューもはたしています。デビュー当時のキャッチフレーズは”イナカモン、バイ。”という、ちょっとダサいキャッチコピー?なのかな(笑)その後は、みなさんも知るように日本国民は彼の事を知らない人はいないんじゃないかっていうくらいの人気を見せましたね。

彼が結婚した時のファンはまさはるロスとか言って、”会社休みました”とうい女性も多かったのではないでしょうか。

数多くのドラマに出演していますが、私が覚えているのは「ひとつ屋根の下」に出演していた彼ですね。福山さんの「あんちゃん…」というセリフは今でも覚えています。

俳優としてもアーティストとしてもこれほどまでに立派に両立しどちらとも完璧にこなせる方もそう多くはありませんね。長年にわたる人気ぶりですから、甘いマスクとは裏腹に想像できないほどの努力家かもしれません。

彼のオフィシャルサイトはこちらになります。興味がある方は是非覗いてみてね。

出典:福山雅治オフィシャルサイト

 

fmsp.amob.jp

 

 

 

 

ケツメイシ「さくら」

 

ケツメイシは10代、20代の頃大好きでした。

友達とカラオケに行く時・ドライブに行く際は欠かせないアーティストでした。みんなでよく歌ってました。「さくら」という曲も何回歌ったったか覚えていないほどです。このように、昔よく聞いた曲を紹介してると、当時の記憶がよみがえります。とても懐かしく思います。皆さんもそういうのってありますか?切ない恋エピソードや恋愛話があれば、是非コメント欄でこっそり教えてね。(オープンだけど)

 

 >動画が再生されない方はコチラ<

 

 ↓歌詞を表示するには、右側の「+」ボタンを押してね。

 

作詞/ケツメイシ
作曲/ケツメイシ
歌手/ケツメイシ

 

さくら舞い散る中に忘れた記憶と
君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風あの頃のままで


君が風に舞う髪かき分けた時の
淡い香り戻ってくる
二人約束したあの頃のままで
ヒュルリーラ ヒュルリーラ……

さくら散りだす 思い出す 意味なく
灯りだす あの頃また気になる
変わらない香り 景色 風
違うのは君がいないだけ
ここに立つと甦る
こみ上げる記憶 読み返す
春風に舞う長い髪
たわいないことでまた騒いだり
さくら木の真下 語り明かした
思い出は俺 輝いた証だ
さくら散る頃 出会い別れ
それでもここまで変わらぬままで
咲かした芽 君 離した手
いつしか別れ交わしたね
さくら舞う季節に取り戻す
あの頃そして君呼び起こす

花びら舞い散る 記憶舞い戻る……

気づけばまたこの季節で
君との思い出に誘われ
心の扉たたいた
でも手をすり抜けた花びら
初めて分かった俺若かった
この場所来るまで分からなかったが
此処だけは今も何故
運命(さだめ)のように香る風
暖かい陽の光がこぼれる
目を閉じればあの日に戻れる
いつしか君の面影は

消えてしまうよ何処かへ
あの日以来 景色変わらない
散りゆく花びらは語らない
さくらの下に響いた君の声 今はもう

さくら舞い散る中に忘れた記憶と
君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風あの頃のままで
君が風に舞う髪かき分けた時の
淡い香り戻ってくる
二人約束したあの頃のままで
ヒュルリーラ ヒュルリーラ……

そっと僕の肩に
舞い落ちたひとひらの花びら
手に取り 目をつむれば君が傍にいる

さくら舞い散る中に忘れた記憶と
君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風あの頃のままで
君が風に舞う髪かき分けた時の
淡い香り戻ってくる
二人約束したあの頃のままで
ヒュルリーラ ヒュルリーラ

花びら舞い散る 記憶舞い戻る
花びら舞い散る

 

 

ケツメイシ

結成は1993年で、現メンバーとなり活動したのは1996年からです。
所属レコードレーベルはavex。

彼らの名前の由来は有名ですよね。中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」からつけられています。「すべてを出し尽くす」という意味があり、実際にメンバーの2名は薬剤師免許も取得しており、外資系の製薬会社の勤務歴もあるそうです。

メンバーであるRyoさんは、世田谷にある調剤薬局に勤務しつつ音楽活動を継続しており、お父様は順天堂大学名誉教授だそうで、いいご家庭に育ったのかもしれません。ケツメイシは結構好きだったので、ラップの歌詞には「合コン」を歌う歌などもあり、私が思ってたイメージとは少し違いましたね。

出典:ケツメイシ - Wikipedia

 

www.ketsume.com

 

 

 

 

GLAY「春を愛する人」

 

GLAYの「春を愛する人」は旦那であるはや太郎からのリクエストです。

流石、北国出身の彼ですね。私も言われた時に「あっ!」と思いました。この曲も大好きでしたね。最初から最後まで軽快なメロディで流れる歌ですが、歌詞もとてもよい。明るくいながらも心が弾むような歌詞の内容となっており名曲だと思います。旦那の記事でもありましたが、GLAYは5月のライブを延期にしましたね。苦渋の決断だったとは思いますが、絶対この大変な時期を乗り越え、次のライブで会う時は2倍3倍もはじけるしかありません!

 

また、今回コロナウィルスの影響で5月のツアーが中止になりましたね。アーティスト情報にその動画をのせておくので是非見てね。また、医療団体に1000万円寄付したそうです。すごいですね。

 

 >動画が再生されない方はコチラ<

 

 ↓歌詞を表示するには、右側の「+」ボタンを押してね。

 

作詞/TAKURO
作曲/TAKURO
歌/GLAY

 

Sunshine 遥かなる大地
明日へと続く道
Moonlight 生まれては消える
流星を見上げた
ただ訪れる春の花の芽の息吹に似た
I want you I want you I want you
”生きてく事は愛する事愛される事”と

抱きしめたい こんなにも
人を愛おしく思えるなんて
そんな出逢いを今2人でいる幸せ
Ah 終わらない夏を今も胸にしまってる
I want you I want you I want you
寝息をたてる
あなたの夢に飛び込むSummerdays

いくつもの眠れぬ夜は
街の灯を数えていたね
伝えてほしい言葉達
飲みこまれたOh yesterday
軽はずみな優しさほど
独りの夜がつらくなる
わかり合いたい気持ちほど
不安定な恋に悩む
ねぇ そうだろう?

My love 当たり前の愛
あたりまえの幸せを
ずっと探し続けても
つかめないもんだね
Ah 切なくて秋の散り行く街路樹を背に
I want you I want you I want you
狂おしいほど
あなたのことを思っていたよ

遠い異国の空 Ah
その昔 ここに辿り着き
この地に何を見た?旅人

一緒に生きていく事は
たやすくないとわかってる
安物の”永遠”なんて
そこら中に溢れてる
ごらんよ 僕らの掌
わずかな時間しかないさ
だから体中で愛を伝えたくて
生き急いでる ねぇ そうだろう?

My life 振り返る日々の
夢の間に間に
そっと頬なでる恋の懐かしい痛みよ
Ah やがてくる冬の肌を刺す風の中で
I want you I want you I want you
確かな鼓動 はばたく時を
まちわびている

Sunshine 遥かなる大地
明日へと続く道
Moonlight 生まれては消える
流星を見上げた
ただ訪れる春の花の芽の息吹に似た
I want you I want you I want you
”生きてく事は愛する事愛される事”と
Uh.....

 

 

 

GLAYは北海道函館出身の4人組ヴィジュアル系ロックバンドです。日本における歴代CDアルバムうりあげ枚数第3位の記録を保持している。そして、デビューした2枚目のアルバムが初のオリコンチャート1位を取得するほどの快挙をとげ、その次の3枚目ではミリオンセラーを達成。ベストアルバムは累計売上枚数480万枚を超え、アルバム売上日本記録を更新するほどである。

アルバム1枚が約3,000円だとすると…え?144億円!?

え、計算あってるかな。ちょっと不安になってきましたが、腰ぬかすほどの金額にとまどいを隠せません。私も友達もみんなGLAYが好きでしたが、当時はまだ10代だったため純粋に好きでした。まさかこんなにすごかったなんて(笑)

GLAYって、ビジュアル系と言われますが皆さんかっこいいですよね。奇抜すぎずどこかクールなイメージがある彼らは性別関係なくかっこいい。数々の受賞歴をもち、今もなお活動を続けている彼らです。

旦那の記事にもありましたが、2020年5月に行われる予定だったツアーはコロナウィルスの影響で中止になりましたね。その際出していた動画がこちら。

 

 

GLAYの公式サイトはこちらになります。是非チェックしてみてね。

www.glay.co.jp

 

 

 

おまけ「琥珀色の街、上海蟹の朝」

 

春の歌とありますが、これは番外編のご紹介です。

私がずっと好きな歌で、はまっていた時は毎朝のようにこの曲を聴きながら会社へ向かっていました。カラオケでも歌いますが、何度も歌いたくなるんです。

「上海蟹食べたい~ 一杯ずつ食べたいよ~♪」

上記歌詞の部分が中毒になります(笑)もしよかったら是非聞いてみて下さい。耳に心地よいサウンドとメロディであなたもきっと虜になること間違いなし。

 

>動画が再生されない方はコチラ<

 

↓歌詞を表示するには、右側の「+」ボタンを押してね。

 

作詞/Shigeru Kishida
作曲/Shigeru Kishida
唄/くるり

 

beautiful city beautiful city

さよならさ
マンダリンの楼上
isn't it a pity beautilul city

 

目を閉じればそこかしこに広がる
無音の世界 不穏な未来
耳鳴り時計の秒針止めて
心のトカレフに想いを込めてぶっ放す
窓ガラスに入ったヒビ
砕け散る過去の闇雲な日々
止まった時計は夜明け前5時
外の空気 君だけのもの

 

吸うも吐くも自由
それだけで有り難い
実を言うとこの街の奴らは義理堅い
ただガタイの良さには騙されるんじゃない
お前と一緒で皆弱っている

 

その理由は人それぞれ
耐え抜くためには仰け反れ
この街はとうに終わりが見えるけど
俺は君の味方だ

 

beautiful city beautiful city

さよならさ
マンダリンの楼上
isn't it a pity beautilul city

 

何はともあれこの街を去った
未来ではなく過去を漁った
明後日ばかり見てた君
それはそれで誰よりも輝いてた

 

ずっと泣いてた君はプレデター
決死の思いで起こしたクーデター
もういいよそういうの
君はもうひとりじゃないから

 

上海蟹食べたい あなたと食べたいよ
上手に割れたら 心離れない
1分でも離れないよ
上手に食べなよ こぼしても

いいからさ

 

beautiful city beautiful city

isn't it a pity
路地裏のニャンコ
beautiful city beautiful city

 

張りつめた日々を 溶かすのは
朝焼け前の 君のこころ
両手を広げたら 聴こえてくるよ

 

外輪船の汽笛 嶺上開花本繻子で

こころを包むよ
小籠包じゃ足りない
思い出ひとつじゃ
やり切れないだろう

 

上海蟹食べたい 一杯ずつ食べたいよ
上手に食べても 心ほろにがい
あなたと食べたいよ
上手に割れたらいいな
長い夜を超えて行くよ
琥珀色の街
琥珀色の街

 

 

くるりは1996年から活動しているアーティストで、レーベルはSPEEDSTARさんです。ボーカルギターの岸田さんをはじめとする3名からなるバンドです。オフィシャルサイトやその他たくさんの楽曲を出しているので興味のある方は是非チェックして下さい。
出典:くるり - Wikipedia


公式サイトは下記よりチェック

www.quruli.net


【10リスト】くるり、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!

rockinon.com


レコチョク一覧

recochoku.jp

 

今聴きたい、くるりの音楽

news.awa.fm

 

 

 

 

 

最後に

 

はい、いかがだったでしょうか。

今回はさてさて…文字数11155文字!

もう腱鞘炎通り越して慣れましたよ。

前回同様、一人でも自宅でも気軽に口ずさんでもらえると嬉しいです。

 

もうすぐ桜も散ろうとしていますが、場所によってはこれから咲くところもあるかとは思います。しかし、今はこんな状況。不要不急な外出は控え、どこかで桜を少し見るくらいにしておいてください。来年もまた桜は美しく咲いてくれます。それまで、健康でいること、生きていることが絶対条件です。

 

ちなみに、歌詞にはおこしてませんが、個人的には春の歌といえばこの曲が一番好きです。このボソボソ歌う感じが何年たってもダントツです。他に好きな方いるかな?いたらコメント欄に是非書いてください!

 

>動画が再生されない方はコチラ<

 

 

それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

次の更新は4/9(木)となっております。

また次の記事も絶対遊びに来てね!またねー!

少しでも興味を持っていただいた方は、こちらの応援ボタンもポチッとお願いします。

↓↓ここだおぉ(´・ω・`)↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ

©2019.花太郎BLOG.All rights reserved