Web
Analytics

花太郎BLOG

夫婦で始めた日々のblog日記。色々な事を発信していきます♪

花太郎BLOG4

 NEW! PICKUP
●Q.今年の父の日はいつ?父の日ギフトを見る
●当サイトアクセス数No1.記事をチェックする
●話題のオンラインフィットネス一覧を見る

【新生児 赤ちゃん】自宅でニューボーンフォト 時期や撮り方は?

【新生児 赤ちゃん】自宅でニューボーンフォト 時期や撮り方は?

こんにちは、会社員しょこちゅんです🤗

本日の記事は自宅でニューボーンフォト撮影をしよう!用意するものや注意点、撮影した画像編集ソフトや撮影参考サイトなどをご紹介。

 

 

それでは早速いってみよー!

 

 

 

 

ニューボーンフォトとは?

 

さてさて…

ニューボーンフォトとは…なにやら聞きなれない言葉ですね。
果たしてどういう意味なんでしょうか。

 

ニューボーンフォトとは、生後間もない赤ちゃんの生まれたての姿を写真に収める記念撮影の事を言います。一般的な言い方でいうと「新生児写真の撮影」ですが、それを現代風に言い直したのがニューボーンフォト(新生児写真)と言えばわかりやすいですよね。

 

 

撮影には細心の注意を

 

基本的には、生後3週間程度の赤ちゃんを撮影します。

本来なら、産まれて一か月は外出も控えたい時期ですよね?なので、細心の注意を払いながら撮影をおこないます。自宅撮影でカメラマンを呼ぶこともできますが、他人を自宅にいれる事に抵抗がある方もいるかもしれませんね。

 

カメラマンや撮影スタジオが新生児に対して無知だととんでもないことになります。

例えば、新生児は首がまだ座っていませんので、赤ちゃんに負担のないよう撮影をしなければいけません。また、生後3週間の赤ちゃんは免疫がきちんとついていません。なので、衛生面でも気を付けなければいけません。風邪を引いた大人が新生児にうつしてしまうと大変な事になりますね。

 

 

NG行為とは

【新生児 赤ちゃん】自宅でニューボーンフォト 時期や撮り方は?

ニューボーンフォト NG行為とは

 

撮影時にNG行為というものがあります。大体は、上記内容とかぶる部分はありますが、新生児に無理をさせないポーズと言えばわかりますか。

 

①ずっとうつぶせの状態や同じ体制を続けさせる。

②首が座ってないのに、頬杖をさせるポーズ

 ➡実際には、写真を撮影後に合成でそのように見せてるケースが多いです。

③ミノムシの撮影

 ➡角度によっては②と同じく、実際は撮影時に手で押さえておき、後からレタッチで支える手を消したりと手を加えています。ネットに上がってる画像をそのまま真似して撮影するのは絶対NG。

④直射日光に当てる事

 ➡明るい写真を撮りたいからといって、ずっと窓際に赤ちゃんを置いたりしないでください。

 

 

今この瞬間を形にしたい

 

色々、不安はあるものの、それでも今しかないこの瞬間を形に残したいという方も多くいるようです。特に新生児の成長はめまぐるしいのであっという間なのでそのお気持ちもわかります。 

もちろん、撮影スタジオでプロに撮影してもらえばバッチリ思い出の写真を残すことができますし、一緒の宝物なので多少の出費と労力はありだと思います。

 

 

大体の相場

 

しかし、まず気になるのがお値段。
やはりプロに頼むと安くはありません。数万円~になります。その上、不特定多数の人が出入りするスタジオに連れていくにも不安はつきものですし、万が一を考えると心配もあると思います。

 

それよりも、生後間もない頃は母親にとっては夜の睡眠もままならないことが多く、スタジオに行ってる体力も気力もない・そこまで気が回らない・でも、写真は納めたい。

そう思う方も多いのではないでしょうか。


そこで、プロのカメラマンほどではないけど、ご自宅でセルフ撮影できたら一番いいですよね。特にこれから出産を控えてる方にとっては、今の世の状況(コロナウィルスの影響)ではとてもじゃないけど、撮影スタジオに新生児を連れていくなんてもってのほかだと思う方も多くいらっしゃると思います。

 

 

 

自宅でできる簡単撮影会

 

そこで!

色々調べていると、かわいい服や小物が沢山あるのを見つけました。

また、ご自宅で簡単にできるニューボーンフォトをご紹介するので、気になる方は是非参考にし、今しかないこの瞬間を思い出として是非形に残して下さい。

 

01.用意するもの

 

カメラ

カメラがご自宅にない場合はお持ちのスマートフォンでの撮影でもOKです。しかし、一眼レフカメラやミラーレスに比べると画質はおちるため、綺麗な画質で残したい方は購入を検討してもいいかも。プロに頼むお金でカメラを購入し、今後も自宅で撮影できると考えると4,5万なら高くはないと思います。この機会に検討してみてはいかがでしょう。

 

 

小物(カゴがあると尚良し)

撮影の際に欠かせないのが小物類!かわいいぬいぐるみやおもちゃを横に置いてあげたり、並べて撮影するだけでかわいさ倍増 間違いなしです。かわいい×かわいいで失敗するわけがありません。

 

 

お洋服や帽子

ニューボーンフォトにかかせないのがかわいいお洋服や小物です。

ネットショップで購入する際はサイトで「ニューボーンフォト」と検索するだけで下記のようなかわいい赤ちゃんグッズが出てきます。気になる商品があれば検索して下さい。いくつか小物をピックアップし乗せておきます。






上記商品の他にも、フワフワのタオル・おくるみ・かご・小物があるとより素敵な一枚に仕上がります。

 

 

セルフ撮影後の画像編集

【新生児 赤ちゃん】自宅でニューボーンフォト 時期や撮り方は?

ニューボーンフォト 撮影後の画像編集

 

プロのように高額な機材やカメラを使って撮影するわけではなく、ご自宅での撮影となるので、そのままだと雰囲気がでませんよね。自作は自作の味がでて私は好きですが、少し手を加えて画像修正したいという方はWindowsに元々入ってる画像編集ツールを使う事もできます。前回の記事でご紹介させて頂いたので気になる方はみて下さい。

 

 

また、「この際ガッツリ画像補修をプロ並みにしたい」「興味があるから今後も使い続けたい」「ガリガリ補正を行いたい」という欲張りさんは、フォトショップなど専用ソフトを使用してもいいかもしれません。

 

 

その時だけしか使わないなら、上記ソフトを購入せずともアドビのホームページにいけば体験版で1週間(訂正前1カ月)無料でソフトを使えます。その時だけ使いたいなら私はそっちの方をお勧めします。無料体験ページのリンクも貼っておきます。

 

 

コンプリート版なら、他のアドビ製品もフルセットで月額で利用することもできます。フォトショだけや、単体ソフトの月額は 大体2,480円(2020.4月現在)となっていますので、お試しで月額利用してもいいかもしれません。そちらの価格一覧も乗せておきます。

 

 

 

参考サイトまとめ

 

ニューボーンフォトについて記載してる記事をまとめてみました。沢山のアイディアや・写真を撮影するコツ・自宅撮影は危険だという様々な方面からの記事となるので、できるだけ多くの情報が欲しいという方は下記サイトも是非参考にしてください。 


・お家でセルフ撮影!ニューボーンフォトの撮り方10個のポイントまとめ - studio9

・セルフでニューボーンフォトを撮るには?小物やポーズのアイデアまとめ | Toreruyo(トレルヨ)

・ニューボーンフォトをセルフで上手く撮る方法!テクや小物活用も | kosodate LIFE(子育てライフ)

・【話題沸騰中!】ニューボーンフォトを可愛く撮影するための8つのコツとは? | フォトジェニー

・【赤ちゃん】100均小物大活躍!自力でニューボーンフォト風の写真を撮るコツ(1/3) - ハピママ*

・【ニューボーンフォト】セルフの撮り方!アイテムや手作り小物もご紹介! | スマービーよみもの

・【セルフはNG!】ニューボーンフォトを自分で撮るのは危険です! | フォトジェニー


 

 

最後に

はい、いかがだったでしょうか。

今回は、全国に緊急事態宣言が発令されたということで、自宅でもできる新生児のニューボーンフォトのご紹介をさせて頂きました。

 

ニュースでは、里帰り出産ができない妊婦さんが出産受け入れ先の病院を探し回ってるようですが…正直、個人的な意見・気持ちとしては「里帰り出産も叶わないなんて、妊婦さんにとってどれほど精神的にも負担は大きいのではないか…」と勝手に心配しています。

 

妊婦さんが今一番不安ですものね。産む不安だけではなくウィルス感染のリスクも負わねばいけない。少しでも妊婦さんや母親の不安が軽減されるフォローがあればいいなと思いますが……医療崩壊しかかってる今難しいのでしょうか。しかし、未来を照らす赤ちゃんのため、少しでも何かしら対策が取られればいいなと心より願っています。

 

 

それでは!

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

次の更新は4/21(火)です、また次の記事も絶対に見てね!

今日も皆様の無事を心より祈っています。

それではまたー!

 

少しでも興味を持っていただいた方は、こちらの応援ボタンもポチッとお願いします。

↓↓ここだおぉ(´・ω・`)↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ

©2019.花太郎BLOG.All rights reserved