Web
Analytics

花太郎BLOG

夫婦で始めた日々のblog日記。色々な事を発信していきます♪

                  

65歳の母親がおむつ!?まだ早いんでは…ここ最近で一番笑った勘違い話

65歳の母親がおむつ!?まだ早いんでは…ここ最近で一番笑った勘違い話

 こんにちは、会社員しょこちゅんです🤗

今日は雑談記事なのでゆるりと読んで下さい。

それでは早速いってみよー♪

 

 

 

 

 

トイレットペーパーの買い占めから始まったお話

 

トイレットペーパーの買い占めがおきてましたね。

そんな情報をいち早くキャッチした私は家族にすぐにラインをした。

 

 

「トイレットペーパーがなくなってるらしい、少し買っておいた方がいい」

 

 

素直な家族はみな、

「わかった」と言って、

トイレットペーパーを

1,2つほど買いに行った。

 

 

結局はデマだったが、

品薄状態が数日続いたので、

この行動は間違ってはなかったと言える。

 

 

素直な母親は、

「ちゃんという通りペーパー買ってきたよ(^^)」と、私に写真を送ってきてくれた。

 

 

 

写真にうつっていた物とは

 

問題はその時の写真だ。

 

 

「おー、ちゃんと買ってきてるねぇ…うんうん、よかったぁ」

 

 

と、買ってきた写真をジーッと見ていると。

 

 

右端に、何やら違うものがうつっているではないか・・・

 

 

写真を拡大してよく見てみる・・・

よぅく見てみると・・・

 

 

な、なんと・・・

おむつがうつっているではないか・・・

 

  

 

初めて感じた親の老いと同様

 

私は激しく動揺した。

だって母親はまだ65歳だ。

いつかは来るかもしれないが、

あまりにも早い。若すぎる。

 

 

もうおむつになってしまったのか。

親がおむつになるという事が

こんなにも衝撃的だとは

私は思いもよらなかった。

 

 

私は東京に上京して11年。

大阪での生活を含めると状況してはや15年がたつ。

 

 

親も年をとったということか。

そうか。そうだよな。

年々、親の背中が小さく感じていたのは

気のせいではなかった。

 

 

そういえば、母親は

最近、物忘れも激しい。

もうボケてるかもしれない。

 

 

そういえば、母親は

膝を痛めて歩くのがおっくうになってるらしい。

それもやばい・・・

 

 

オムツを見てしまったせいで

親の老化に対する不安がつのっていくばかりだった。

モンモンとしたまま一週間を過ごした。

 

 

どうにかしなければいけない。

まずは病院に連れていくか。。

そんな思いが脳裏によぎっていた。

 

 

 

 

 

 

悩んだ結果、姉に相談してみた

 

そんなある日。

久しぶりに地元で暮らす次女と話す機会があった。

 

 

そこで私はたまらず打ち明けた。

 

 

「お母さん・・・おむつしてるって知ってた?」と。

 

 

私の質問に姉は心底驚いていた。

「うそでしょ・・・そんなの知らなかった」

 

 

私と同じ反応だった。

姉も驚いており、私は説明を続けた。

 

 

「きっと、寝てる時とかにそそうするようになったんだよ。夜寝るときはおむつをしているかもしれない。また、最近物忘れも激しいからボケてるかもしれない。病院に連れて行かないと本当にやばいよ。」

 

 

と、一生懸命話した。

それでも私の話を信じようとしない姉に私は最後にこういった。

 

 

「わかった。その写真を送るから、自分の目で見て確かめてみて。」

 

 

姉は、信じられないといったような声で、

「わかった・・・」とだけ

答えた。

 

 

 

謎がとけた瞬間 

 

その後、私は意を決して

姉に写真を送った。

 

 

その写真がこれだ。

 

 

 C:\Users\shoko\Downloads\01.2 はてなブログ\00.ブログ記事一覧\36.65歳の母親がおむつ!?ヤバい!!ここ最近で一番笑った勘違い話\Resize

 

 

おわかりいただけただろうか。

 

 

65歳の母親がおむつ!?ヤバい!!ここ最近で一番笑った勘違い話



 

すぐさま姉からラインが帰ってきた。

 

 

姉は私にこう言った。

 

 

 

「しょこちゅん?これは母さんのおむつじゃなくて、私の赤ちゃんのおむつだよ。」

 

 

C:\Users\shoko\Downloads\01.2 はてなブログ\00.ブログ記事一覧\36.65歳の母親がおむつ!?ヤバい!!ここ最近で一番笑った勘違い話\Resize

 

 

私は「えっ」となった。

そして、しばらく「・・・」となった後に

ようやく状況が飲み込めた。

 

 

姉からの一言

 

「大爆笑」

 

のライン。

 

 

私もそれにつられて笑ってしまった。

 

 

そう、私は

母親が姉の赤ちゃんのためにも購入したオムツを

勘違いしていたのだ。

 

 

この一週間張りつめていた不安や心配が

一気にふきとび、一人腹を抱えて笑っていた。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

そんなオムツの持ち主はこの子だ。

天使のような笑顔で

本当に癒される。

 

65歳の母親がおむつ!?ヤバい!!ここ最近で一番笑った勘違い話



 

親と離れて暮らして15年、親の事を考えない日は1日たりともない。

親と離れて暮らす事は、常に親を心配に思うものだ。

 

 

いつかは母親がおむつを装着する日もくるだろう。

きっとそういう日が来ても、私は動じないと心に誓った夜だった。

 

 

それでは、本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

次の更新は3/16(月)を予定しています!

 

 

またおあいしましょうー!

またねー(^^)

少しでも興味を持っていただいた方は、こちらの応援ボタンもポチッとお願いします。

↓↓ここだおぉ(´・ω・`)↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

f:id:shokochun:20191130000857j:plain